十 三 夜 上杉 謙信

詩吟 九月十三夜陣中作 京都 . 詩吟「九月十三夜」上杉謙信 - Duration: 2:00 . 詩吟 九月十三夜陣中の作 上杉謙信作 吟 香雲堂精 . 流派によっては、九月十三夜 . 詩吟「九月十三夜」上杉謙信 0904toto. . 詩吟 九月十三夜陣中の作 上杉謙信作 吟 香雲堂精山会 行徳玄山 . 七尾城・攻防戦~上杉謙信の「九月十三夜」 天正五年(1577年)9月13日、 能登・七尾城を攻略中 の 上杉謙信 が、城中からの密書を受け取り 勝利を確信 しました。 この詩の本題は「九月十三夜陣中作」であるが本会では「九月十三夜」と略した。なお謙信は生涯この一作しか遺していない。稀有(けう)の作品である。 上杉謙信はもともと越後の領主である。戦国時代ゆえ領土拡張は雄藩の望むところ。 講 武 館. 吟詠詩歌漢詩のうち「九月十三夜」上杉謙信のページです 公務員 34 歳. 上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代の越後国の大名。 関東管領(1561年 - 1578年)。 山内上杉家16代当主。戦国時代でも屈指の戦上手とされ、その神懸った戦績から後世、軍神や「越後の虎」、「越後の龍」 などと称された。 詩の作者は上杉謙信(1530~1578)である。 越後の虎と称された彼の49年の生涯は、まるで煮つめて濃縮したほど戦闘づけの日々であった。 depeche mode dream on. 上杉謙信「九月十三夜 陣中の作」の日本語朗読です。現代語訳と解説付きです。 だが、越後国春日山(新潟県上越市)城主の上杉謙信だけは違っている。「十数回」と、渡った時期ではなく回数が記され . レファレンス協同データベース(レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです。参加館の質問・回答サービスの事例、調べ方、コレクション情報など調査に役立つ情報を公開しています。 1530年(享禄三 . ※九月十三夜:上杉謙信が七尾城を攻め落とした後に、兵を休ませ、十三夜の美しい月光の下で酒宴を開いた時の作。頼山陽著『日本外史・ 卷十一・武田氏上杉氏』(右写真)によれば、この詩は元亀二年九月に七尾城を落とした後 .

もっと詳しく知る »

九月十三夜陣中作 | 八納洞の木鹿大王

上杉謙信さんが、七尾城を攻略後、本丸跡から風景を眺めながら詠んだとされる、七言絶句。 まぁ、ちょいとググると、九月十三夜 この時点では、七尾城、落ちてないそうです。 このとき上杉憲政の居城だった上野平井城に入った景虎(謙信)はこの急を聞いて直ぐに8千の兵を率い唐沢山城救援に向い、同城西に陣を構えます。 同年二月十九日、景虎は後詰として唐沢山城近郊に着陣し城を囲む北条の大軍を一望します。

詳細を見る »

上杉謙信、戦場でのエピソードがカッコイイ!けど意外と弱みや闇もある・・・

と、わずか十三騎という少ない手勢で城内を目指しました。 この行動に度肝を抜かれた北条の兵達は、恐れ入って誰も謙信達に手を出すことができなかったそうです。 守護の上杉定実の斡旋により、十 ... 推定樹齢三〇〇年以上。 上杉謙信 が鞭に使った桜の枝が芽を出し成木したとの伝説がある。 ... あかぎじんじゃ【赤城神社】群馬県:勢多郡/宮城村/三夜 ...

詳細を見る »

漢詩「九月十三夜」上杉謙信 - Anjintei

吟詠詩歌漢詩のうち「九月十三夜」上杉謙信のページです 夜が明けて武田方は、上杉の数千の大軍が大将の旗を中心に、突然面前に現れたのを見た。しかし、残念ながら謙信は、この十年来、一剣を磨きに磨いてきたにもかかわらず、刀光一瞬の差で、信玄を打ち逃がしてしまった。 川中島の合戦について。「~夜、川を渡る。」と、詩吟にも歌われた、双方3000人の死者を出したと言われる最大の戦いの際の、上杉謙信の布陣が、どうもよく理解できません。 二つある敵陣の真ん中に陣地を構えたわけですが、これ...

詳細を見る »

九月十三夜 - 日本の漢詩 - 漢詩・詩歌紹介 - [学ぶ] - 関西吟詩文化協会

この詩の本題は「九月十三夜陣中作」であるが本会では「九月十三夜」と略した。なお謙信は生涯この一作しか遺していない。稀有(けう)の作品である。 上杉謙信はもともと越後の領主である。戦国時代ゆえ領土拡張は雄藩の望むところ。 ご縁起 本尊十一面観世音は、弘法大師御作といわれ、上杉謙信 公も深く信仰しておられた。 川中島の戦の頃、謙信公は「若 し戦に勝利を得れば、御供料を寄進し、長く子孫に言い伝 え、信奉さすべし」と観世音に誓った。 勝利を得た謙信公 は、その誓い通りに、寺領八十石余りを寄進した。 スマホからご覧の方は上部のメニューを押していただくと、見たい攻略が見つけやすいと思います 第一話 ★でも…→ 幸福な恋度+4 / 情熱の恋度+4 そうなんだ…→ 幸福な恋度+2 / 情熱の恋度+4 え?→ 幸福な恋度+4 / 情熱の恋度+2 恋の試練 ・必要な姫度→100以上 クリア後、謙信から謙信 ...

詳細を見る »

【漢詩の愉しみ】 題不識庵撃機山図《不識庵機山を撃つの図に題す》(川中島) 頼山陽 〈3817JKI11 ...

遺恨十年磨一剣 (遺恨なり十年 一剣を磨き) 流星光底逸長蛇 (流星光底 長蛇を逸す) 通訳と解説. 解り易く現代語に訳すと、 「上杉謙信の軍勢は馬に当てる鞭の音も立てずに、夜の内に千曲川を渡って川中島の敵陣近くに着陣した。 それが、越後の長尾景虎、後の上杉謙信です。 この時、謙信は二十三歳、越後統一を果たしたばかりでした。 若き謙信は自ら戦の先頭に立ち連戦連勝、その軍事の天才ぶりは「戦いの神、毘沙門天の化身」とおそれられていました。

詳細を見る »

【にゃんこ大戦争】上杉謙信の評価と使い道|ゲームエイト

にゃんこ大戦争における、上杉謙信の評価と使い道を掲載しています。上杉謙信のステータスや特性、解放条件や進化前・進化後のキャラ、にゃんコンボなど、あらゆる情報を掲載しています。ぜひご覧ください。 だが、越後国春日山(新潟県上越市)城主の上杉謙信だけは違っている。「十数回」と、渡った時期ではなく回数が記されているのだ。徒歩以外に交通手段のない時代にこの往来回数は異様であろう。謙信は何を想って「十数回」も越山したのだろうか。

詳細を見る »

詩吟 九月十三夜陣中作 京都 正親流

詩吟 九月十三夜陣中作 京都 ... 詩吟「九月十三夜」上杉謙信 - Duration: 2:00 ... 詩吟 九月十三夜陣中の作 上杉謙信作 吟 香雲堂精 ... 頼山陽著『日本外史・卷十一・武田氏上杉氏』の当該部分 『甲陽軍鑑』 ***** 不識庵 ふ しきあん の 機山 き ざん を撃つ圖に 題す 鞭聲 肅肅 夜 河を過る, 曉に見る 千兵の 大牙を擁するを。 遺恨なり 十年 一劍を磨き, 流星 光底 長蛇を逸す。 上杉謙信(うえすぎ-けんしん)は、1530年1月21日に、長尾為景の末男として越後の春日山城(新潟県上越市)にて生まれた。母は栖吉城主・長尾房景の娘・虎御前(青岩院)で、幼名は虎千代。

詳細を見る »

戦国最強の武将、上杉謙信はなぜ山を越えたのか? 謙信越山:第1回「敵か味方か、謙信はじめての越山」(1/4 ...

だが、越後国春日山(新潟県上越市)城主の上杉謙信だけは違っている。「十数回」と、渡った時期ではなく回数が記され ... 家訓は、普通の家訓とはちょっと違っています。仏の道を学んだ経験があるからなのでしょうか。戦国時代に生きて、戦に明け暮れていた上杉謙信が後世に残した家訓とは、どのようなものだったのでしょうか。 謙信に仕えた部将 上杉二十五将を中心として ... 守長国は北条高広の嫡子で「御館の乱」に景虎方へ加担した景広、安田上総介順易は会津三 ... ところが次の宇佐美定行の項では、定行の功績を政景の十 ...

詳細を見る »

上杉謙信 - Wikipedia

上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代の越後国の大名。 関東管領(1561年 - 1578年)。 山内上杉家16代当主。戦国時代でも屈指の戦上手とされ、その神懸った戦績から後世、軍神や「越後の虎」、「越後の龍」 などと称された。 人気の虎志郎着用兜。戦国武将 上杉謙信公。兜には日月の前立て、吹き返しには上杉の家紋付。兜は筋兜の素懸縅仕様。飾り台は兜の収納箱になります。 【通訳】 上杉謙信の軍はひっそりと鞭音も立てない様にして、夜の内に千曲川を渡って川中島の敵陣に攻め寄せた。武田側は明け方霧の晴れ間に上杉方の大軍が大将の旗を中心に守りながら迫ってくるのを見つけた。

詳細を見る »

上杉謙信 九月十三夜陣中作 | 覚書き

上杉謙信 九月十三夜陣中作 | ... 上杉謙信 . 凡例 上杉謙信 / ... 親密なものであったが、義輝が幕府の重臣である大舘晴光を派遣して長尾・武田・北条の三 ... 戦国の雄 家祖謙信公. 米澤藩上杉家の祖謙信公は、越後守護代の長尾為景の二男として生まれ、十九才で家督を継ぎ、二十三才の時、関東管領の上杉憲政から関東管領及び上杉姓を譲り受けました。

詳細を見る »

米沢藩 - Wikipedia

上杉謙信、景勝の頃に剛直の者数人選ばれ、御床番として寝室を警備したことに由来。上杉定勝の頃に御小納戸と名称が改められ、参勤交代行列の準備、年末年始の式台準備、藩主の用度品準備などを行うようになる。 青木氏(藩内35石) 厩方 永禄十一年(1568年)5月7日、上杉謙信の生母として知られる虎御前こと青岩院が病没しました。...

詳細を見る »

上杉家 と 上杉謙信 - kamurai.itspy.com

上杉謙信は「義」に生きた武将として後世に知られています。 今川家が武田家に対し、「塩止め(塩の輸出禁止)」 を行いそれを周辺諸国に要請したときも、「それで一番困るのは甲斐の国の民である。 上杉謙信は度胸があると分かりますが、作り話の可能性が高いです。 次に、第四次川中島戦いで、上杉謙信と武田信玄の一騎打ちを取り上げました。川中島の戦いの中で最も激しい戦いで、上杉謙信が一騎打ちで突進することができたのか気になります。

詳細を見る »

上杉謙信「九月十三夜」の詩について | レファレンス協同データベース

レファレンス協同データベース(レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです。参加館の質問・回答サービスの事例、調べ方、コレクション情報など調査に役立つ情報を公開しています。 10月、上杉家の老臣黒田秀忠(くろだひでただ)が謙信の兄景康を殺害し、黒滝城(弥彦)に立てこもり、謀反を起こす。秀忠は降伏するが、翌年再び謀反を起こしたたため、謙信はこれを討伐、黒田氏を滅ぼす。 1548: 天文17: 19

詳細を見る »

詩吟「九月十三夜」上杉謙信

流派によっては、九月十三夜 ... 詩吟「九月十三夜」上杉謙信 0904toto. ... 詩吟 九月十三夜陣中の作 上杉謙信作 吟 香雲堂精山会 行徳玄山 ... JCV FMみょうこうのオリジナルラジオドラマ「戦国ファンタジー 軍神~上杉謙信~」の第三話の放送が、きょう3日の夜からはじまる。 このラジオドラマは、長尾景虎(のちの上杉謙信)が、騒乱の時代の中で、苦悩と葛藤を繰り返しながら、成長していく姿を描いたオリジナルストーリー。 上杉謙信といえば、戦国最強と言われることが多く、これはゲームなどで ... ここから分かる上杉謙信の人柄や性格は、十 ... の死に道遇し、書提寺だった林泉寺の天室光育に預けられ、はっきりしないが、謙信には三人の兄がいたとされ、謙信 ...

詳細を見る »

第37回 長月十三夜:空の清明 戦国の詩人上杉謙信 - ひたちと歩く言葉の森散歩

詩は上杉謙信(1530〜1578)の七言絶句「九月十三夜」です。 一年で最も美しい月と古来讃えられてきた中秋名月のほか、もう一つの名月と、我が国固有の習慣として親しんでいたのが陰暦九月の十三夜です。 御館の乱を制し、上杉謙信 ... やがて越後を揺るがした新発田重家の乱も平定された天正十七年 (1589) ... 弓矢鉄砲の音、天地もくつ返すかと夥 (おびただ) し。三日三夜、船よりあけたてず戦ひたり。

詳細を見る »

九月十三夜 陣中の作 上杉謙信 漢詩の朗読

上杉謙信「九月十三夜 陣中の作」の日本語朗読です。現代語訳と解説付きです。 このような状況の中で,戦国動乱の本格化は,1560年(永禄3)の長尾景虎(上杉謙信)の関東出陣である。上杉憲政の跡を継いだ謙信は,三国峠を越えて関東に侵入すると,上野を押さえて拠点とし,以後関東は,後北条,武田,上杉の三つどもえの争覇の時代と ... 五山の詩情(三) 鉄庵道生・雪村友梅 10月15日/17日

詳細を見る »

【刀剣ワールド】上杉謙信と刀|武将・歴史人の日本刀

上杉謙信は、誰もが知る戦国最強の武将です。 また、上杉謙信は刀剣・日本刀の愛好家としても知られ、所有の刀剣・日本刀はどれもすばらしい物だと言われます。ここでは、上杉謙信が戦国時代最強の武将と言われるまでの生い立ちと、上杉謙信の名刀についてご紹介していきます。 「趣味の漢詩」私の好きな漢詩と吟詠のページです

詳細を見る »

【漢詩の楽しみ】 九月十三夜陣中作(九月十三夜、陣中にて作る) - (大紀元)

詩の作者は上杉謙信(1530~1578)である。 越後の虎と称された彼の49年の生涯は、まるで煮つめて濃縮したほど戦闘づけの日々であった。 14歳の謙信の危機を救ったのは、義に厚い栃尾の武将であった。河井継之助の尊敬した人物は、義を第一にした郷土が生んだ上杉謙信である。義のルーツを栃尾に訪ねてみる。 謙信は享禄3年(1530)3月21日、春日山城で生まれた。 2019年3月のブログ記事一覧です。政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記【緑川鷲羽(改名、長尾景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>】

詳細を見る »

七尾城・攻防戦~上杉謙信の「九月十三夜」: 今日は何の日?徒然日記

七尾城・攻防戦~上杉謙信の「九月十三夜」 天正五年(1577年)9月13日、 能登・七尾城を攻略中 の 上杉謙信 が、城中からの密書を受け取り 勝利を確信 しました。 上杉家の鬼小島弥太郎といえば、四 隣 ( りん ) にまで聞えている春日山の十虎のひとりである。十虎というのは、謙信 麾下 ( きか ) の旗本の精鋭中からまた精鋭を 選 ( よ ) って、誰かが十人を挙げて名づけたものである。 天正三年上杉家軍役帳より抜粋したものだが、意外に少ない、というのが印象だろう。しかし「麾下八千人」といわれ、謙信自らも「精鋭八千があればいかなる敵もなし」と言うくらいであるから、この数字はほぼそれを裏付ける資料でもある。

詳細を見る »

上杉謙信 九月十三夜 日本漢詩選 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩 Ribengushi

1530年(享禄三 ... ※九月十三夜:上杉謙信が七尾城を攻め落とした後に、兵を休ませ、十三夜の美しい月光の下で酒宴を開いた時の作。頼山陽著『日本外史・ 卷十一・武田氏上杉氏』(右写真)によれば、この詩は元亀二年九月に七尾城を落とした後 ... 上杉謙信の第九章 冗談だと言う 首を振る 上杉謙信の第十章 謙信の胸に縋る 私を座敷牢に入れて下さい 上杉謙信の第十一章 もう言いません 愛しているからです 上杉謙信の第十二章 謙信様を助けに行ってくれと頼む 私はここを離れません ↓ 史実end ツイート

詳細を見る »